スマホ修理のプロに任せよう!スマホ修理の流れ


突然の携帯トラブルに遭ってしまったらどうすべきか

携帯電話を使っている際に、落下や経年劣化によって突然端末が使えなくなってしまう事がありますが、予備の携帯電話を持っていない場合は、すぐに修理をしなければなりません。修理をする店は、大きく分けて3種類あり、大手携帯電話(キャリア)のショップ持ち込み・携帯電話製造メーカーの修理部署への送付(SIMフリー携帯を使っている場合)・街中の修理ショップを利用する方法があります。

携帯電話会社の修理受付に持ち込んでみよう

大手携帯電話会社の修理は、その会社で使っている端末・SIMカードの契約をしている場合に利用可能となっていて、補償サービスのオプション(月額400円前後)に加入している場合は、修理費用の負担を大幅に抑える事が出来ます。キャリアショップへの持ち込み修理か、専用段ボールに梱包した状態で修理部署に発送する方法から選べます。修理は、外装・内部基盤・液晶画面などの交換に加えて、水没をした場合は取り替えてもらえる事もあります。修理工場に発送する必要があるので、一般的には修理完了まで1週間から2週間程度の期間を要します。

街中の修理ショップを活用する

乗降客の多い駅近くに増えているのが、修理ショップであり、部品在庫があれば、あらゆる機種の修理に対応する事が出来ます。修理受付から修理完了までの期間は、当日・翌日までが一般的となっており、混雑していない時は数時間で手元に修理品が戻ってくる事があります。修理専門スタッフが多く在籍している事で、迅速かつ丁寧に画面のガラス交換・水没復旧といったトラブルに対応しているので、安心して修理依頼を行いましょう。

スマホ修理をする場合、早く直すことにばかり注意が向かいますが、修理中の代替機についても事前に考えておくことが大切です。